文部科学省の決定により、薬剤師の養成機関である薬科大学や大学の薬学部がこれまでの4年生から6年生の修業年数に変わりましたが、これには当初は賛否両論があったようです。しかし6年制になったことで、基礎知識からしっかりと細部にわたって応用知識まできちんとより深く学ぶことが出来るようになったのでメリットの方が多いということが最近は言われているようです。現にアメリカではすでに昔から薬剤師の養成大学機関もすべて医学部と同じ6年間が当たり前でしたし、そのために医師と同じぐらい高度な医学知識を持った薬剤師が多いことも事実です。やはりそれだけ薬剤師は医師と同じ程度の専門知識が必要ということの裏付けだと思うのです。今や日本の薬剤師も医療分業化が進み、また医療の高度化のスピードも著しいため、より高度な知識をもった薬剤師の需要に対して供給が追いつかない事態となっていますが今後はますます期待できる分野であることは間違いないでしょう。薬剤師 人材紹介